月別アーカイブ: 2013年10月

私が初めて使用した育毛剤

私は30代の頃に初めて育毛剤を使用してみました。そのきっかけは、会社ではいつも帽子をかぶって作業をしているのですが、会社の研修会の時には集会所に集まって帽子を取って講義を受けることになります。すると、いつもとは別人かと思えるような光景に出会えるのですが、それが自分自身の身に起こっているとは思いませんでした。布達したの後輩が、「なんだか少し薄くなってきていませんか?」と聞いてきたのです。私としては、汗をかいて髪の毛もぺっちゃんこになっていることもあり、その性だと思っていました。それが、休日に雨が急に降ってきたときに、頭に当たる雨粒が妙に直接的に当たってきていることに気付いたときに、本当にやばいかも、と思い始めたのです。そのときは本格的な医薬品に該当する育毛剤も店頭に並んでいたのですが、そこには医者と相談したほうがよい、というふうに書いてあったと記憶しています。それはちょっと敷居が高すぎると思ったので、TVのコマーシャルでさわやかにスプレーしている俳優になった気持ちで、メントールの聞いた育毛剤を購入することにしました。洗髪後にそのスプレーをすると確かにじんじんと頭皮に刺激を感じ、いかにも効いている気がしてきました。それをきっかけに髪について勉強も始めました。やはり頭皮をきれいにしておかなければ、育毛効果も半減するとのことだったので、そのときからシャンプーのときにしっかりと地肌を洗うようになりました。そういう意味で育毛剤の購入はプラスになりました。

育毛の効果は、人それぞれ

「髪の抜け毛が気になる」「最近髪が薄くなってきた」「髪にコシがない、ハリがない」など、多くの男性にとって髪の育毛に関する悩みは尽きないものです。特に髪の毛が成長する年齢は、男性では20代前後、女性では30歳前後にピークをむかえます。髪の太さは人によってさまざまですが、平均で「8ミリ」と言われています。ところが30歳後半になると、髪のサイクルが徐々に衰えはじめてきます。男性ばかりか、最近では女性の「抜け毛」や「薄毛」が増加していて「育毛」や「発毛」の関心が、どんどん高まってきています。個人差がありますが、毛はつねにのび続けているわけではなく、一定の期間成長し続けて、その後に成長を停止して、古い毛は抜け落ちて、また新しい毛が生えてくると言われています。そのサイクルが年齢を重ねると、だんだんみだれ始めて、うまくサイクルしなくなり、髪の健康が失われてしまいます。頭皮も顔も、一枚の皮膚でつながっています。そのため頭皮が衰え始めてくると、髪の毛だけでなく、顔の若々しさまでどんどん失われてしまいます。年齢と共にどうしても、頭皮自体が老化してしまって、抜け毛、薄毛の原因を作ってしまいます。その予防としておすすめなのが頭皮と髪の健康を整える「ツボ押し」「マッサージ」です。抜け毛に効果があり、健康な毛になるという育毛効果もあるとたいへん好評となっています。血流を促して新陳代謝を高めるという事で丈夫な髪に整えます。

育毛のためのシャンプー方法とは

シャンプーの方法を変えることで、育毛が促進されます。髪の毛が生えてくるのは頭皮の毛穴なので、頭皮の環境を正常にしてあげることで髪の毛が元気になるのです。抜け毛が多かったり、薄毛になってしまうということは何らかの原因で頭皮の状態が不健康になっている場合が多いのです。たとえば、頭皮の脂が過剰に分泌されてしまうと脂漏性の脱毛という、脂が原因の脱毛の原因となってしまいます。この皮脂が原因の脱毛の場合には、過剰に分泌された皮脂を取ってあげることが重要になります。しかし、皮脂を取りすぎてしまうとかえって、皮脂分泌機能を促進して余計に皮脂が出てしまうので注意が必要です。取ってあげることと残してあげることのバランスが頭皮にとっては大事なことなのです。ですから、過剰なシャンプーは控えるようにしてください。一日に一回のシャンプーが理想的です。また、正しい洗い方をすることによって育毛を促進することが可能です。もし、頭をゴシゴシと力をいれながら洗っているのであればそれはやめてください。頭は力をいれずに、手の指の腹でさわるようにして洗うのが正しいシャンプー方法です。このようにやさしく洗ってあげることでも汚れはきちんと落ちますし、過剰な皮脂を取ることができて育毛につながるのです。また、頭皮を傷つけることなく洗うことができるので頭皮の環境の正常化を促すこともできます。シャンプーと同時に頭全体をマッサージするようにすすぐと、頭皮の血行促進にもなります。

どのような方法で育毛を行うか

育毛と聞いてどのような方法を思い浮かべるでしょうか。毛を育てるために行うことができる方法は一つではありません。現在では毛を育てるために行うことができるはいくつもの選択肢が存在します。毛を育てるために行う代表的な方法として育毛剤を使用するという方法があります。ですが、毛のためにできることはそれだけではありません。最近ではシャンプーの中にも育毛成分が含まれているということもあります。もちろん、毛のためにできることは何かを購入しなければできないことだけではありません。頭皮のマッサージを行うということも毛のためには大切なことでもあるのです。また、毛にいい食べ物を摂取するということは頭皮のためには非常に重要なことでもあるのです。このようにお金をかけなくても育毛のためにできることはいくつもあるのです。育毛のために気を付けなければいけないことがあります。それが生活習慣です。よい生活習慣は人を健康にするといいますが、生活習慣は毛にとってもいいことなのです。規則正しい生活を心がけることで、あなたの頭皮の状況も改善します。喫煙習慣もその一つです。頭皮のことを考えるのであれば、禁煙を行うことがベストです。このように、毛を育てるために行うことができることはたくさんあります。多くの人が一つのアプローチ方法のみで毛の状態を改善しようとしていますが、複数の方法からアプローチを行うことで、より高い効果が期待できるようになります。

効果的な育毛方法について

髪の毛が薄くなってきたと感じたら早めのうちに対処してください。髪の毛は抜けるものです。自然と抜けていくぶんには全く問題がありませんし、抜けたところから新しい髪の毛が生えてくるのです。しかしながら、生える髪の毛よりも抜ける髪の毛のほうが多いと薄毛はどんどん進行してしまいます。ですから、現状の髪の毛を維持しながら抜け毛を減らすという対策が重要なのです。そのため、育毛法を施すことが効果的です。育毛法はたくさんありますので、そのなかから自分にあったものを選択してください。そうすることで髪の毛はだんだんとよみがえってきます。まずは抜け毛を減らす努力をしてください。そのためには、ヘアブラシを上手に使った育毛法が効果的です。ヘアブラシはたくさんの種類がありますが、なかでも天然毛を使ったヘアブラシが有効です。天然毛とは、豚の毛などを意味します。この天然毛は、適度な硬さがあるため頭皮のマッサージに最適です。また、油分を含んでいるために髪の毛にツヤをあたえてくれます。特にクセ毛の人ですと天然毛のヘアブラシですくことで、扱いやすい髪の毛になります。さらには、すいているだけで頭皮のマッサージになるので育毛効果が促進されます。薄毛が気になる場合には、頭頂部にあるツボをヘアブラシで刺激してあげてください。頭頂部には自律神経などを調整するツボがありますので育毛促進に効果的なのです。まずはヘアブラシで頭皮マッサージからはじめてみてください。