育毛剤ユーザーが知らなきゃいけないアルコールの影響

多くの育毛剤の成分には、頭皮に付けた際に爽快感や清涼感を与える「アルコール」や酸化防止・防腐剤として「アルコール」が配合されています。 育毛剤の臭いをかげば、強烈なニオイがすると思います。それは、「アルコール」などの防腐剤・ph調整剤などの添加物が原因です。 裏面の注意書きに火器厳禁と書いてある場合は、アルコールが配合されていると考えて良いです。 さて、爽快感や清涼感を与える「アルコール」は、その育毛剤を頭皮に付けた時、確かに「気持ちいい」と感じさせてくれます。 しかし、はっきり言って、アルコールが頭皮に優しいか、と言えばそうではありません。 なぜなら、アルコールは酸化防止・防腐剤としての役割が大きく、殺菌効果があります。 また、刺激性を感じる場合もあります。 ただでさえ、「髪が生えてこない」=「頭皮の細胞が死んでいる」というワケですから、火事になる恐れがある商品を頭に常に付けているという恐ろしい事実が分かるでしょうか!? 火事になる恐れがあるほど、強力な濃度のアルコールが配合されているということなので、頭皮細胞は確実に死滅してしまいます。 また、人によっては、アレルギーを起こす恐れもあります。 育毛剤には、育毛に効果があると言われている成分がたっぷりと配合されていますが、アルコールが含まれていることで、頭皮に栄養分や育毛液が浸透するのを妨いでしまう場合があります。 実は、いくら良い成分が育毛剤に配合されていたとしても、「アルコール」が効果を半減させ、頭皮を傷つけてしまう恐れもあります。 女性がアルコールフリーや、オイルフリーの化粧品を選んで使うことがあると思うが、これは育毛剤でも同じことが言えます。 添加物に敏感な女性や、皮膚が弱いという男性の方には、ノンアルコールの育毛剤が大変おすすめなのです。 自分が使う、毎日使う育毛剤だからこそ、トラブルが起きないものをつかうべきでしょう。 育毛剤ユーザーは育毛剤によるアルコールの影響を知っておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>